ガラスコーティングのメリットとデメリット

  • 窓のガラスコーティングで冷暖房効果と透明さを体感

    • 部屋の冷暖房効果を十分発揮する窓ガラスのガラスコーティングが注目されております。



      住宅の窓ガラス用コーティング剤には、いろいろなタイプのものが開発されており、窓ガラスにコーティングする家が増えてきております。



      光触媒作用のあるコーティング剤は、太陽光(紫外線)が当たるとコーティング被膜中の物質の作用によって、光触媒物質が汚れ等の有機物を分解と光触媒物質の超親水性(水に馴染みやすい表面にする)のダブル効果で、汚れを付着しにくくすると共に、付着した汚れを洗い落としガラス特有の透明な美しさを長期間保つことができます。



      ガラスコーティング剤の成分によっては、硬いガラスコーティング膜になり、掃除などで拭いても傷は付きにくく、気象による劣化も殆どなく、耐久性も10年以上と長期使用に耐えると言われています。



      また、ガラスコーティング剤によっては、塩害や黒カビの発生を防止する効果があるものもあります。



      窓にガラスコーティング処理することで夏は涼しく、寒い冬でも温かい遮熱型(断熱+保温)のコーティング剤で処理した場合、断熱や保温効果を発揮し部屋の冷暖房効率の向上によって、光熱費の削減、に寄与します。



      また、身体の有害な紫外線をカットし、カーテン、装飾品、じゅうたんなど、室内窓際物品の日焼けによる変色や劣化等を防ぐことができます。コーティング剤の成分によっては、特徴や効果が異なりますので、使用環境に合わせて選択することです。

  • 関連リンク

    • 自動車を所有している人は、ボディーなどの汚れに対する防御する目的でコーティング剤を利用して美観を維持したいと考える人が多いものです。車のコーティング剤は色々な種類が有り、どれを選べば効果を維持出来るのかなど迷ってしまいます。...

    • 住宅のフローリングは、床板をコーティングすることで、床板を保護する効果が得られます。コーティングには種類がありますので、どのように床板を保護したいのかを明確にすることが大切です。...