ガラスコーティングのメリットとデメリット

  • ガラスコーティングに関する説明

    • ガラスコーティングとは、物質の表面にガラス皮膜をコーティングする塗装加工のことです。

      ガラス系コーティング加工ともいわれていて、車の車体部分などに行なわれている加工方法です。
      この加工を行なう目的は、ガラスコーティング加工を行なった部分を保護することです。



      塗装の保護効果により、保護された部分は外部環境の影響を受けにくくなるので、保存状態をよくして車体の劣化や損傷を防ぎたい場合などに行なわれることが多いです。


      ガラスコーティングを行なうことにより得られる効果は、保護効果や持続性効果、その他の効果などがあります。

      保護効果としては、表面に保護膜を形成することで外部環境の影響を抑えることができることです。
      表面が保護されることにより、撥水効果の向上や汚れや水垢、塩害などを防ぐ効果を得ることが出来ます。
      これらの効果により、車体の保存状態を一定に保ちやすくなり、劣化によるトラブルや問題を回避しやすくなります。

      持続性の効果は、他のコーティング加工よりも加工による効果の持続期間が長いことです。



      効果は数年間持続し、効果が切れた後に再度加工を行なうこともできます。



      その他の効果としては、車体に光沢が出るなど見た目の改善効果が得られることです。



      ワックスを塗った時と同様の光沢や輝きを持続させることができます。



      ガラスコーティングは個人で行なうことも出来ますが、加工の内容によっては個人の立場では困難な場合もあります。しっかりとした高品質な仕上がりにするには、専門の業者に依頼する方法が効果的です。



  • 関連リンク